ニュース

2016年8月29日

カテゴリ:登録会,お知らせ

9月3日(土)に就職相談フェアを開催します(場所:福井新聞社 プレス21)

20160829102716-0001

 

 

 

「転職を考えているけれど、まずはどう行動したらいいんだろう?」

「自分に合った仕事って何だろう?」

 

あなたの就職の悩みや転職の不安、就職のプロに相談できるチャンスです!

 

就職相談フェア ~これで安心♡あなたも就職決定!~

日時:平成28年9月3日(土) 10:00~17:00(受付は16:30)

場所:福井新聞社1F プレス21

お車でお越しの際は、福井新聞社の駐車場をご利用ください。

 

参加は無料になっています。

履歴書不要&普段着でOKなので、休日のお出かけついでにでもお越しいただけます。

 

キャリアプラスでは転職する方を応援しています!

派遣のお仕事だけではなく、正社員雇用のお仕事情報も多様にご用意しておりますので、転職で正社員登用を目指している方にも有意義なフェアとなっています。

資格を持ったキャリア・カウンセラーにお仕事について相談できるので、あなたの将来のビジョンを明らかにして、しっかりと今後の就職を見据えてみませんか?

 

ご来場された方にはもれなくボックスティッシュをプレゼント♪

キャリアプラスのブースは、ハートくんとプラスくんが目印となっています☆

 

ハートくんの総合就職支援企業 キャリアプラス(プラスくん)  ハートくんの総合就職支援企業 キャリアプラス(ハートくん)

 

お友達とのご来場もお待ちしております!

もしご不明な点等がありましたら、お気軽にフリーダイヤル:0120-930-291 までお問い合わせください。

2016年8月19日

カテゴリ:正社員 福井県,福井 女性 再就職

福井の女性が正社員への再就職に成功する秘訣。最初の2つのポイント

7f7d4dab705c6bcb3ead48ca68208275_s

 

 

 

福井県では、たくさんの女性が働いている

 

 福井県は、幸福度ランキング1位を獲得するなど、暮らしやすさで有名です。そして、働きやすさも全国トップレベルで、たくさんの女性が働いています。

 

 有効求人倍率    1.83倍(全国2位 平成28年5月)
  (1人当たりの仕事がいくつあるか、という数字です)
  正規就業者の割合  67.3%(全国1位)
  女性の有業率    53.0%(全国1位)
  共働き率      56.8%(全国1位)

 参考:グラフで見る福井県の女性労働 (PDF)

 

 この数字だけみると、仕事もたくさんあるし、働いている女性もたくさんいるので、簡単に就職できそうにも見えます。しかし、結婚や出産を機に仕事を辞め、ブランクができたことで再就職に不安を持たれる方も、多くいるのが実情です。
これまで13年間、再就職の支援をしてきた立場から感じていることをお話し、この記事を読まれる方が少しでも良い形で再就職成功への第一歩をより良くスタートできるようにと思います。

 

 

再就職にあたっての不安要素

 

  • 仕事と家庭の両立ができるか
  • 子供に何かあったとき、対応できるか
     (身の回りに支援してくれる人がいない)
  • 体力的に大丈夫か
  • 新しい職場に馴染めるか
  • 仕事を覚えられるか

 

 結婚や出産を機にブランクができた方が不安に思うのは、上記のような点が多いです。それぞれの理由に対して対応策がありますが、再就職の活動を始めるにあたって、何よりもまず最初に行なった方が良いことがあります。

 

 

ポイント① 家族の理解と協力を得る

 

 まず最初に行なった方が良いことは、家族などの身の回りの方の理解と協力を得ることです。
ご主人、両親、義理のご両親などに、再就職の活動をすることを説明し、理由を伝え、理解を得ることは、本当に大切です。これがないと、新しい仕事が決まった後に家族の反対に遭い、せっかく頂いた採用合格を断らないといけなくなります。そして、家族の反対に遭ったという理由で断るのは、面接の時間などを作ってくれた企業さんに対しても大変失礼なことになります。なぜなら、そもそも働けない状態なのに応募してきた、ということになってしまうからです。そして何より、自分自身がとてもつらい思いをしてしまうことになります。
 家族の理解を得た場合、どのくらい協力を得られるかを確認しましょう。そして、その協力を得た上で、どのような働き方が今の自分に合っているかを考えましょう。また、例えば子供の送り迎えを自分でするのか、家族に頼むかで、1日の生活のリズムがどのように変わるのか、シミュレーションをするのも1つの方法です。頭の中だけでなく、実際にその時間帯にシミュレーション通りの行動をしてみると尚良いでしょう。

 

 

ポイント② 思い込みにとらわれすぎないこと。成功への道はいくつもある。

 

 家族などの理解と協力を得た方は、仕事探しを始めることになると思います。その時に、「私は、こういう形でしか就職をしない」という強い思い込みを持って取り組む方がいます。イメージを持つことはとても良いことですので、何も無いよりは良いかもしれません。しかし、その思いにとらわれすぎているために、再就職活動に苦労する方をよく見ます。そして、焦って行動してしまっていることもあります。また、就職できたとしても、実際に仕事をしてみて「思っていたのと違った」という方もいます。
 「最終的には、こんな風になりたい」という思いを持った上で、そこに至るまでの方法は、いくつもあると考えることも大切です。もちろん1回で上手くいく方もいます。しかし、「急がば回れ」ではありませんが、不安を少しずつ解消しながら、最終的に自分に合った仕事に就くことができた方もいます。

 

参考記事:

仕事の選択肢を狭めているかも?福井で正社員になる前に知っておきたいこと
転職希望者必見!求人情報増加中!福井県の企業が派遣会社を利用する理由
就職前の不安を軽減!福井県の派遣会社が紹介する、職場の雰囲気を知る方法

 

 

まとめ

 

 全国トップレベルの働きやすさがある福井県では、多くの女性が仕事をしています。また、仕事もたくさんありますので、就職の可能性も高い地域と言えます。
 とは言え、ブランクがある女性にとっての再就職には不安がつきものです。その再就職活動を始める時に押さえておきたいポイントは、

 

 1.まず最初に家族の理解と協力を得る
 2.思い込みにとらわれすぎず、成功への道はいくつもあることを知る

 

の2つです。

この2つのポイントを押さえておけば、家族はもちろん応援してくれます。そして、ハローワークや人材紹介会社、友人・知人への相談もしやすくなりますし、味方になってくれやすくなります。
 再就職への活動を上手にスタートすることで、ブランクがあることから感じる不安も解消しやすくなり、就職への成功にもつながる可能性が高まりますので、是非一度実践してみてください。

 

 

 

 

作成者 高森

2016年8月18日

カテゴリ:パート アルバイト 違い

パートとアルバイト~普段あまり気にとめないけど…この違いは何だろう~ 

25aff516ae5fcf464238f591b214baed_m

 

始めに言ってしまうのもどうかとは思うのですが…今回は豆知識的なお話しになります☆
今までに、求人サイトや雑誌等で「パート・アルバイト募集中」と書かれているのを見たことがありませんか?
素朴な疑問…。パート・アルバイト、そういえばこれらはどう違うのでしょう?
あらためて考えてみると、よく分からない…。

 

皆さんが抱いている、パート・アルバイトの
イメージ 

皆さんの解釈は?日頃どうやって使い分けていますか? 
例としては、次のようなかんじでしょうか。

 

◆パート
・対象:主婦(主夫)
・就業期間:長い
・就業時間:1日あたりの働く時間が短い
・仕事内容:比較的、正社員に近い

 

◆アルバイト
・対象:学生やフリーター
・就業期間:短期(在学期間中)や臨時的
・就業時間:仕事によるが、フルタイムもあり
・仕事内容:比較的、易しい傾向

 

 

パートとアルバイトの違い

 

結論から言うと…実は!
「明確な違いは示されていません」
どちらも法律上は「短時間労働者」「パートタイム労働者」となります。
↓↓

厚生労働省HP参照

 

パートタイム労働者とは、1週間の所定労働時間が、同じ事業所に雇用されている正社員と比べて短い労働者をいいます(パートタイム労働法では「短時間労働者」といいます)。
「パートタイマー」や「アルバイト」など、呼び方は異なっても、この条件を満たせばパートタイム労働法上のパートタイム労働者となります。

 

 

さらに豆知識・それぞれの語源の由来と特徴

◆パート:英語の「part-time job」が元になっており、全時間の一部ということを表しています。
いわゆる、フルタイムで働く正社員より労働時間が短いということです。
日本では子育てや介護・家事をするため、「フルタイムの仕事は難しいという女性」の働き方として広まったため「パート=主婦」というイメージが定着したという説もあるようです。
特徴としては、労働時間が正社員よりも短いという以外は、比較的正社員と近い業務に携わります。
出産等でブランクのある方が「社会復帰する」という意味で従事することも多いようです。

 

 

◆アルバイト:ドイツ語「Arbeit(仕事・労働)」という言葉が元になっています。明治時代に学生の間で使われていた言葉が広まったものだそうです。
パートと比べると出勤日数や就業期間が少ない(短い)傾向があります。
実際には、学生の他にダブルワークとして働いている方もおり「本業(学業含む)を持っている人が副業的に空いた時間で臨時的に働く」という使われ方をしています。
特徴としても、高校生や大学生、フリーターなどを対象としている場合が多く、学校卒業後や就職決定後に辞めるケースが多いということが挙げられます。そのため、労働期間もパートに比べると短く、単発的な期間(1日や1週間など)のケースも見受けられます。
また、専門的な知識や技術を要する仕事は少ないです。

 

 

おまけの話~加入条件を満たせば、保険加入や有給取得の権利がある~

 

労働基準法では正社員・契約社員・パート・アルバイトなどの区別はありません。

条件もありますが、保険や有給休暇の権利なども発生します。

 

◆保険加入について
当社HPに掲載されている、2016年6月27日「派遣で加入できる保険って?加入条件を知って働き方を見つめよう!」を参考にして頂ければと思います。

 

◆有給取得について
労働基準法では、パートタイム労働者であっても6か月間継続勤務し、決められた労働日数の8割以上出勤すれば、年次有給休暇を与えなければならないことになっています。
↓↓

厚生労働省HP参照

 

 

まとめ

 

◆法律上の明確な違いはない

(どちらも法律上は「短時間労働者」「パートタイム労働者) 
→明確な違いはない、ということが意外と思われた方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

◆条件を満たせば、保険加入・有給を取得することができる。

(労働基準法に定められている)
→短時間労働者だから無理、ということはありません。ただし、加入や取得には条件がありますので、よくご確認くださいね。

 

そういえばどうなんだろう…?というパート・アルバイトについての豆知識的なお話しでした。
皆さんのお役に立つことができれば幸いです。

 

 

 

 

 

 

作成者 阪下

 

2016年8月9日

カテゴリ:お知らせ

コンピュータサービス技能評価試験(CS試験)のお知らせです。

パソコンの公的資格を取得しませんか?

ハートくん勉強

 

“エクセル・ワードに強い人は、事務を制す!”

 “頼れる!わ・た・し”そんな自分に変身できる!

公的な資格だから、あなたのスキルにプラスできれば説得力も抜群!

 

 

 

実践的な内容で、試験勉強をしながらそのまま日常の仕事にも活かせるので上司や同僚へのイメージアップにも、効果てきめんです☆

 学習サポートの相談も含め、ぜひお問い合わせください♪

 

試験名:コンピュータサービス技能評価試験(CS試験)

日にち:927日(火)  場所:キャリアプラス

お時間や詳細はお問合わせ時にお伝えいたします。

 

 

問い合わせ

2016年8月4日

カテゴリ:未分類,職業訓練,お知らせ

2016年秋季職業訓練の告知です

告知です

 

ハート君の総合就職支援企業 キャリアプラスです。

 

事務につきたいけれどパソコンが苦手な方・・・・

 

社会人スキルをつけて自信をもって仕事したい方・・

 

お仕事探しとスキルアップを両立できるよくばりな職業訓練をご存知ですか?

 

毎回大好評をいただいている弊社の職業訓練の次回開校が決定しました。

 

しかも、今回から新しいカリキュラムでより学びやすい講座となっております!

詳しくは下記ページでご覧ください。

 

2016年秋季職業訓練の告知

 

 

2016年9月上旬に弊社ホームページ上でも募集広告を掲載する予定です。

沢山のご応募をお待ちしております!

2016年8月2日

カテゴリ:派遣 事務,派遣 事務 短期

短期で限られた時間を活かせる事務あります!派遣で試せるあなたの勇気!

 

短期で働ける事務系の仕事はあるの?

 

短期の事務

 

派遣はもともと、必要なときに、必要な期間、必要な人数を採用することができる為、昔から短期間(必要な期間)で利用する企業が多かったです。

 

現在も商品が売れすぎて、猫の手も借りたいという繁忙期間ができた企業や子供の出産や子育てでお休みされる方の代わりが必要な企業に採用されています。

 

というわけで、とても需要があります。

 

 

短期で事務の仕事の内容は?

資料や契約書などの書類作成のほか、電話・来客応対やメール応対、郵便物の仕分け、ファイリング・データ集計などの必要な事務作業を行うのが一般的な事務の仕事です。

 

企業や部署により仕事内容はさまざまですが、経理や庶務の仕事を任されたり、部署によっては海外とのやりとりを行ったり、専門分野を扱うこともあります。

 

どの仕事も、単純な作業の繰り返しのように見えますが、実は重要な部分を担ってます。

事務は企業運営には欠かせない縁の下の力持ち的な仕事です。

 

 

パソコンや専用スキルはどのくらい使えると有利?
短期間だと求められるスキルが高そうだけど、未経験でも大丈夫なの?

事務を目指す場合、特に資格などは必要ありませんが、多くの会社でパソコンを使用するため、事務作業で使うパソコンソフト(エクセル・ワードなど)の基本操作は最低限必要な場合が多いです。

 

部署によっては簿記、英会話などの能力が求められることもあります。

 

 

電話やメール、来客応対などをする場合は、会社の窓口として恥ずかしくない敬語やビジネス会話、ビジネス文書・ビジネスマナーなどの一般常識も身に付けておきたいです。

 

また、社内外の人とも円滑なやりとりをするためのコミュニケーション能力や、電話応対や来客応対の丁寧さや臨機応変さ、文書の作成能力なども必要なスキルです。

 

上記の様にスキルや経験があればある程、良いには越したことは無いのですが、事務のブランクがある方や入力はできるけど事務は未経験という方でも、短期で事務経験を積むことができる仕事もあります。

 

 

その為、仕事を再開するのに、おっくうな方や経験が無いから不安という方にもピッタリなお仕事もあります。

 

 

短期間ってどれくらいの期間なの?

短いものでいえば1か月からあります。だいたい6ヶ月未満の期間のものが短期として多いです。

正社員や長期で働かないといけない仕事だと

「長く続けられるかな?」
「自分に合わない上司がいたらどうしよう?」

 

と思ってしまい、仕事を始める一歩をなかなか踏み出す勇気が出ない人も多いと思います。

そんな方々にも、ちょっと嫌なことがあっても短期で期間が決まっていれば、頑張り通せると思える場合もあるのではないでしょうか?

 

 

それでも勇気が出ない場合はどうすれば…?

ご安心下さい。

派遣の場合、そんな悩める子羊さん達の背中を押してくれる「コーディネーター」というお仕事紹介の専門スタッフがいます。

コーディネーターは、あなたに合った職業やあなたの目指したい職業について相談やアドバイスをしてくれます。

自分一人ではなかなか出せない”あと一歩の勇気”を引き出すのも、コーディネーターの役割なのです。

派遣に登録して勇気を貰うのも一つの手段です。

 

 

まとめ

 派遣で働くこと自体が不安でリスクを感じられる方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、ブランクのある方や未経験の方が、ぶっつけ本番で正社員になるよりも、派遣社員として短期間で経験を積んでから就業する方が、実はリスクが少ないのではないでしょうか?
そんな働き方ができるのはきっと派遣だけです!
しかも自分の味方になってくれるコーディネーターや担当営業がいるのは、想像しているよりも、とても心強いものです。

迷っていたり、悩んでいる時間があるならばその間に短期の仕事ができてしまうかもしれません。

ああ、もったいない><!

 

そんな時間が”お金や経験”になるならば、あなたの背中をそっと押し、勇気を引き出してくれる派遣会社を、就職の良いきっかけにしてみてはいかがでしょうか?

 

 

作成者 山田

2016年8月1日

カテゴリ:スタッフの皆様へ

産休・育休についてのご案内をします。

スタッフの皆様、いつもご活躍頂き、誠にありがとうございます。

産休・育休の制度をスタッフの皆様にも幅広く周知し、理解を深めて頂きたいと考え、制度の内容についてまとめた資料を公開します。

是非、ご覧になって今後の参考にしてください。

 

産休・育休についてのご案内」はこちらです。(PDFファイルが開きます)

お問合わせはこちら