ニュース

パートタイムでも有給休暇は取得できるのか?~知っておきたい豆知識~

 

ご家庭の事情や扶養内で働きたいというご希望により、現在パートタイムという働き方を選んでいる方は多いのではないでしょうか。
その中でもお子さんがいらっしゃる方ですと、春は卒業式・入学式、そのほか年間を通して平日に学校行事等に参加する機会も多いことと思います。

 

そのような場合、申請するのが「有給休暇」(以下、有給とします。)です。
パートタイムの私は有給を取ることができるの?できるのならば何日間?など、パートタイムの有給について考えてみたいと思います。

 

 

 

ずばり結論!パートタイムでも有給を取ることができる

労働基準法第39条に定められています。
法律というと難しくなりがちですが、まずは有給がもらえるポイントとしては…。

  • 6か月継続勤務し、全労働日の8割以上出勤していること

「全労働日の8割以上」とは、”雇用契約で定められた労働日の8割以上”ということです。

引用:厚生労働省HP・年次有給休暇とはどのような制度ですか。

 

ちなみに、次に挙げる日については出勤とみなされます。

  1. 業務上、負傷・または疾病(病気)にかかり、その療養のために
    休業した期間
  2. 育児休業期間
  3. 介護休暇期間
  4. 産前産後の休業期間
  5. 年次有給休暇の取得日

 

 

もらえる有給日数について

 

引用:厚生労働省HP・年次有給休暇とはどのような制度ですか。

※図の中の0.5は、半年分ということです。そのため、初めて年給が付与されるのは、勤務開始から6ヵ月後となります。

 

週の所定労働時間が30時間未満で、かつ、週所定労働日数が4日以下、又は1年間の所定労働日数が48日から216日までの方に適用されます。

 

 

 

有給はいつでも取れるのか?

労働基準法では、会社はみなさん(労働者)が希望した日に有給を認めなければならないと定められています。

ただし、有給には時効(与えられた日から数えて2年)があります。

最初に与えられた有給をその年度内に全て使い切らなかった場合、残りは翌年度に限り繰り越して取ることができます。

なので、翌年度には新しく発生した有給と、昨年度の繰り越し分の両方を持っているということですね。

繰り越した有給は使わないでいると2年前に取得した分は消えてしまいます!その点は気をつけましょう。

 

では、繰り越した有給と新しく与えられた有給は、どちらから先に使うのか?

私は迷いなく古い方から先に使うと思っていましたが、法律上は規定がないそうなのです。

(どちらを先に使うかは、企業が就業規則等で定めることができるそうです。)

体調不良などで急に有給を使う時もあるかもしれませんが、特にお子さんがいて行事参加の機会がある方は有給残り日数と特に上手に付き合っていく必要があるのではないでしょうか。

 

 

 

まとめ

パートタイムでも有給が取得できること、またそのポイントについてお分かりいただけたでしょうか。

有給は取得する権利のあるものです。

ただし、あなたがその日にお休みをするということは、その分の仕事を誰かが代行するという場合もあると思います。

事前に分かっている場合は、余裕を持って職場に届け出ましょう。

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

 

 

作成者:阪下

お金をもらいながら楽しめる!イベントスタッフアルバイトの魅力

c2d9613422416cc1229f4a9ac435dc93_s

 

 

アルバイトを探しているあなたへおすすめ

せっかくアルバイトをするのであれば、楽しみながらできることがいいなと思う方も多いのではないでしょうか。

「収入を得ることができる・楽しい」これらが一度に手に入るなら素敵ですよね♪

そんなあなたにおすすめするアルバイトの一つが「イベントスタッフ」です。

そんな「イベントスタッフ」とはどのようなお仕事なのかということについてお話ししていきます。

 

 

イベントスタッフのお仕事とは?

「イベント」と聞くと、思い浮かべるのは皆さんいろいろだと思います。

コンサートやスポーツ、お子さん向けのショー、何らかの販売会やセミナーなどが代表例といったところでしょうか。

ちなみに、同じく例として当社でのイベントを紹介するならば、毎年全国の有名グルメ店が約100店舗集結するグルメイベント「日本全国グルメ博inサンドーム福井」です。

このイベントでは当社のスタッフさんが毎年100名以上就業し、各店舗の接客・販売スタッフとして大活躍されています!

前述したように、「収入を得ることができる・楽しい」ので、毎年多くのリピーターさんが多いのも納得です♪

 

さて、イベントスタッフのお仕事について項目別に書いてみました。

(見やすさのために、箇条書きにしています。)

 

  • 期間

各イベント開催期間に準ずる。1日からの超短期から探すことも可能。

  • 仕事内容

イベントによって異なる。販売やチケットもぎり、会場案内、設営・運営など。

  • 魅力

・コンサートなどを無料で見ることができる。

・お客さんとして参加するので分からない、イベントの裏側を知ることができる

 (普段、見たり入ったりできないエリアでの業務担当になることもあるかも)

・イベントのムードをその場で体感することができる。

・イベントを作り上げていく楽しさを経験することができる。

・イベントが成功した時の連帯感や達成感がやりがいにつながる。

・接客のお仕事であれば、お仕事を通してコミュニケーション能力を身に付けることができる、など。  

 

 

イベントスタッフとして働く上で、大切なこと

体を動かしたり、立ちっぱなしで仕事をすることも多い為、ある程度の体力が必要とされます。

(屋外であれば、暑い・寒いといった季節の影響も受けるでしょう。)

また、一つのイベントを成功させるためには、どの役割も欠かせないものであり、スタッフ同士の連携が大切です。協調性があり周りと協力できること、アルバイトだからと言わず、責任感を持って努めることが大切です。

体調管理や時間を守ること、連絡をきちんと行う、そういったことはイベントだけでなく、どのお仕事にも共通して言えることですよね。

 

 

まとめ

イベントスタッフのお仕事は楽しみながら働くことができる♪

ただそれだけではなく、お仕事を通して貴重な体験をすることもできます。

皆さんのアルバイト探しの選択肢の一つとして参考になれば嬉しいです。

興味がある方は、イベント会社や派遣会社のHPで検索してみて下さいね。

 

 

作成者:阪下

 

2016年8月18日

カテゴリ:パート アルバイト 違い

パートとアルバイト~普段あまり気にとめないけど…この違いは何だろう~ 

25aff516ae5fcf464238f591b214baed_m

 

始めに言ってしまうのもどうかとは思うのですが…今回は豆知識的なお話しになります☆
今までに、求人サイトや雑誌等で「パート・アルバイト募集中」と書かれているのを見たことがありませんか?
素朴な疑問…。パート・アルバイト、そういえばこれらはどう違うのでしょう?
あらためて考えてみると、よく分からない…。

 

皆さんが抱いている、パート・アルバイトの
イメージ 

皆さんの解釈は?日頃どうやって使い分けていますか? 
例としては、次のようなかんじでしょうか。

 

◆パート
・対象:主婦(主夫)
・就業期間:長い
・就業時間:1日あたりの働く時間が短い
・仕事内容:比較的、正社員に近い

 

◆アルバイト
・対象:学生やフリーター
・就業期間:短期(在学期間中)や臨時的
・就業時間:仕事によるが、フルタイムもあり
・仕事内容:比較的、易しい傾向

 

 

パートとアルバイトの違い

 

結論から言うと…実は!
「明確な違いは示されていません」
どちらも法律上は「短時間労働者」「パートタイム労働者」となります。
↓↓

厚生労働省HP参照

 

パートタイム労働者とは、1週間の所定労働時間が、同じ事業所に雇用されている正社員と比べて短い労働者をいいます(パートタイム労働法では「短時間労働者」といいます)。
「パートタイマー」や「アルバイト」など、呼び方は異なっても、この条件を満たせばパートタイム労働法上のパートタイム労働者となります。

 

 

さらに豆知識・それぞれの語源の由来と特徴

◆パート:英語の「part-time job」が元になっており、全時間の一部ということを表しています。
いわゆる、フルタイムで働く正社員より労働時間が短いということです。
日本では子育てや介護・家事をするため、「フルタイムの仕事は難しいという女性」の働き方として広まったため「パート=主婦」というイメージが定着したという説もあるようです。
特徴としては、労働時間が正社員よりも短いという以外は、比較的正社員と近い業務に携わります。
出産等でブランクのある方が「社会復帰する」という意味で従事することも多いようです。

 

 

◆アルバイト:ドイツ語「Arbeit(仕事・労働)」という言葉が元になっています。明治時代に学生の間で使われていた言葉が広まったものだそうです。
パートと比べると出勤日数や就業期間が少ない(短い)傾向があります。
実際には、学生の他にダブルワークとして働いている方もおり「本業(学業含む)を持っている人が副業的に空いた時間で臨時的に働く」という使われ方をしています。
特徴としても、高校生や大学生、フリーターなどを対象としている場合が多く、学校卒業後や就職決定後に辞めるケースが多いということが挙げられます。そのため、労働期間もパートに比べると短く、単発的な期間(1日や1週間など)のケースも見受けられます。
また、専門的な知識や技術を要する仕事は少ないです。

 

 

おまけの話~加入条件を満たせば、保険加入や有給取得の権利がある~

 

労働基準法では正社員・契約社員・パート・アルバイトなどの区別はありません。

条件もありますが、保険や有給休暇の権利なども発生します。

 

◆保険加入について
当社HPに掲載されている、2016年6月27日「派遣で加入できる保険って?加入条件を知って働き方を見つめよう!」を参考にして頂ければと思います。

 

◆有給取得について
労働基準法では、パートタイム労働者であっても6か月間継続勤務し、決められた労働日数の8割以上出勤すれば、年次有給休暇を与えなければならないことになっています。
↓↓

厚生労働省HP参照

 

 

まとめ

 

◆法律上の明確な違いはない

(どちらも法律上は「短時間労働者」「パートタイム労働者) 
→明確な違いはない、ということが意外と思われた方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

◆条件を満たせば、保険加入・有給を取得することができる。

(労働基準法に定められている)
→短時間労働者だから無理、ということはありません。ただし、加入や取得には条件がありますので、よくご確認くださいね。

 

そういえばどうなんだろう…?というパート・アルバイトについての豆知識的なお話しでした。
皆さんのお役に立つことができれば幸いです。

 

 

 

 

 

 

作成者 阪下

 

どうやって選んだらいい?学生さんのアルバイト探しの方法とそのポイント

 

履歴書

 

 

学生さんがアルバイトをするメリット

 

(※はじめに:このブログでいう学生さんとは、高校卒業後のいわゆる大学生・専門学校生等を指します。)

 

高校生の時から何らかのアルバイトをしていたあなた、もしくは初めてアルバイトをしようと考えているあなたへ。

 

まずは学生さんがアルバイトをするメリットについてお話ししたいと思います。

働いた分の収入が得られるということの他に…

 

  • アルバイトを通して、自分にはどんな仕事が向いているのか、好きなのかが分かる!
  • 社会人として働く時の練習になる!(一般常識やマナー等)
  • 就職活動において、アルバイトの経験を通したアピールができる!
  • 学校外でも新しい知り合いができる可能性もある! 

 

などなど・・・・

 

せっかく時間を使ってアルバイトをするのだから、お金に代えられない楽しさや学びがあると嬉しいですよね♪

 

 

実際の探し方とアルバイトの種類

 

~探し方~

 

①各学校の学生課

 →初めてのアルバイトで不安…というあなたは、学生課を通じて探してみるのも良いですね。

 

②インターネットで探す(Webの求人サイト)

 

 →たくさんの情報の中から、自分の希望に近いアルバイト情報を検索・閲覧できます。また、細かい条件や内容等が説明されている事も多く、イメージもつかみやすいかと思います。

 

③紙の求人情報誌

 

 →②が普及しているので以前に比べると見る割合は少ないかもしれませんが、コンビニやドラッグストアといった日常生活で立ち寄るところに設置されていますし、なんといっても「無料」です。

 

④お店のポスターを探す

 

 →もし家や学校の近くで見つけたいということであれば、お店に掲示されているアルバイト募集のポスターを探すのも良いでしょう。

 

⑤友人からの紹介

 →既にお友達が働いているので、仕事内容や人間関係などいろいろな情報が前もって得られます。

 

~アルバイトの種類~

飲食店・家庭教師などいろいろなアルバイトがありますが、例として当社で学生さんも可能なお仕事をお話しします。

(例)ブライダルやパーティーの会場でお料理を運ぶ
   北陸最大級!某イベントスタッフ
   アンケート調査
   引っ越しのお手伝いなど…

 

   中には、1日からOKの単発的なお仕事もありますよ。

 

 

アルバイトを選ぶ~実際に応募・面接を受ける際に大事なこと

 

1、自分のスケジュール、勤務条件をしっかり確認して選ぶ

せっかく決まったアルバイトが続けられなかった…などということにならないよう、自分のスケジュールと照らし合わせ、無理なく働けるものを選ぶようにしましょう。

 

 

2、勤務場所について

アルバイト先までの距離が遠いと通勤時間に気をとられ、勤務時間が削られてしまうことになりかねません。
その上、帰宅時間も遅くなりがちになってしまいます。

学校⇔自宅の通学経路内もしくは自宅から近い所を選ぶと良いですね。(車を持っているかそうでないかによっても変わってくると思いますが。)

 

 

3、優先順位を考える

アルバイトをしようと考える理由は、みなさん様々です。自分がどういうふうに働きたいのか、いろいろな項目から考えてみましょう。

職場によって経験できる業務内容、雰囲気は異なりますので、自分がアルバイトをするにあたって自分が何を優先したいのか事前に考えておくと決めやすくなります。

 

・時給:月の目標額(働くことができる時間と照らし合わせて)
・条件:人と接するお仕事がいい(もしくはその逆)、距離など。

 

 

4、面接対策について

特に初めてアルバイトをしようとする学生さんは「どんな服装で行けばよいか?」・「どんな質問をされるのか?」と不安に感じることも多いでしょう。

  • 志望動機:「○○の仕事をしたかったから」・「○○の仕事だと自分の生活スタイルに合うから」というような理由だけでなく、なぜこの店や会社を選んだのか、どのような仕事がしたいのか、ここで働くことでどのようなスキルが身に付けられどのような経験ができると思ったのかなど考えておくことが大切です。

 

  • よくある質問をチェック:面接では志望動機以外にも聞かれることがいろいろあります。(例えば、これまでのアルバイト経験など。)

 

特に自分をアピールする際には、働く職種や職場を考え、実務に活かすことができるようなポイントを伝えられると良いでしょう。また、逆にこちらから質問したいことはまとめておきましょう。

履歴書が必要な場合は文字も丁寧に書きましょう。

 

  • 身だしなみ:第一印象は大切です!清潔感のある服装・髪形を心がけましょう。たとえば募集要項に「髪型自由」などと記載されていたとしても、面接の際には勤務する者としてふさわしく身だしなみを整えましょう。

 

 

学生さんのアルバイト探しの方法とそのポイント まとめ

 

実際に始めてみると「思ってたのと違う」だったり、「やってみるとやりがいがある」と感じる事があるかと思います。

いろいろなアルバイトができるのも、学生さんの特権かも。

 

また、親御さんや学校側からも常々言われていることと思いますが、あくまでも学生さんの本分は学業ですので、そちらに支障がないようにする事も大切です。

 

また、近年ブラックバイトが増えている現状がありますので、現地に足を運んだり、十分情報収集等して、注意して下さいね☆

 

皆さんが学生生活と貴重な体験ができるアルバイトを両方楽しんでもらえることを願っています♪

 

なお、本ブログ冒頭にも書きましたが→(※はじめに:このブログでいう学生さんとは、高校卒業後のいわゆる大学生・専門学校生等を指します。)当社へのご登録は規定により、「高校卒業後の18歳以上の方」になります。高校生の皆さん、高校を卒業されてからお会いできるのを楽しみにしています。

 

 

問い合わせ

 

 

作成者 阪下

 

 

お問合わせはこちら